記憶喪失前に六花と裕太に何があったのか?~SSSS.GRIDMAN 解説~

アニメ「SSSS.GRIDMAN」の解説です。
ネタバレも含みますのでご了承ください。



記憶喪失直前の裕太と六花とに何があったのか?

「SSSS.GRIDMAN 第2話」(Abema TV)より引用

記憶喪失前に六花と裕太には何があったのでしょう?

記憶喪失直前の裕太と六花との間に何があったのか本編で具体的に語られることはありません。

しかしながら物語全体のやりとりから総合すると、
裕太あるいは六花が告白した、あるいは恋愛関係を意識させる何か(例えばデートに誘う)があったということが考えられます。

以下、もう少し詳しく。


六花と裕太の恋愛関係の考察

裕太は六花のことが(恋愛対象として)好きです。

これは本編やボイスドラマにて明らかに語られています。

最終的に、本編の裕太の正体は裕太に乗り移ったグリッドマンなわけですが、その言動には本来の裕太の心も反映されていることは最終話でも示されています。

さらにグリッドマンがなぜ裕太に乗り移ったのかという点は、はっきりとは言わないものの裕太が他の人々と異なる点があったことが本編で述べられます。

「SSSS.GRIDMAN」の世界は、人々がアカネを好きになるように設定された、アカネの作った世界です。

そんな世界においてクラスメイトであり席が隣というアカネと近しい存在でありながら、裕太は六花のことを好きになります。

このように、裕太が六花に恋愛感情を持っていることは物語において重要な点であり、第1話の六花のぎこちなさも考慮すると記憶喪失前に二人の恋愛関係を進展させる何かがあったと考えるのが自然であることがわかります。


具体的な伏線

記憶喪失前の二人の出来事を考えるための材料は本編およびボイスドラマにおいて細々ありますが、特に参考になるのは第1話・第4話・第8話・第9話・第11話・第12話あたりです。

第1話「覚・醒」

「SSSS.GRIDMAN 第1話」(Abema TV)より引用

第1話、裕太の初登場時点で裕太は六花の家で目を覚まします。すでに記憶喪失。

病院へ向かう途中、
「記憶がないってことはさ、今日のこと、全部覚えてないってこと?」
「でも、もし記憶喪失のフリだったら最悪だかんね」
と六花は裕太に言います。

明らかに意味深な発言。

さらに、コンビニの前にて互いの関係性を「友達?」確認する裕太に対して六花は少し寂しそうあるいは悲しそうな表情をした後に「悪いけど、響君と同じクラスになって初めてこんなにしゃべった感じだよ」とちょっと冷たい不機嫌そうな言い方。

第4話「疑・心」

六花が合コンに行くことに動揺する裕太。

裕太の六花に対する恋愛感情が明確に描写されています。

第8話「対・立」

バスの中の六花とアカネの会話にて、この世界の人物がみなアカネに好意を持つように設定されていることが述べられます。

第9話「夢・想」

「SSSS.GRIDMAN 第9話」(Abema TV)より引用

アカネによって都合の良い夢を見せられるグリッドマン同盟。

それぞれにとって都合のよい夢の中で、裕太は(六花ポジションの)アカネと恋人同士になっています。

補足記事:アカネが裕太・内海・六花に見せた夢の解説~SSSS.GRIDMAN~

第11話「決・戦」

グリッドマンが乗り移ったのがなぜ裕太だったのか。

それを裕太はグリッドマンに尋ねます。

これに対しグリッドマンは
「彼だけが新条アカネの世界で・・・」
と言いますが、ジャンクの調整の関係で最後まで述べられることはありません。

しかしながら、
この世界でアカネが想定したこと以外の何かを裕太が持っていたことは明らかですね。

その何かとは、おそらく六花に対する恋愛感情。

記憶喪失の関係もあって裕太という人間の描写は本編でほとんどされず、扱われたところといえば六花に対する恋愛感情くらい。

人々がアカネを好きになる世界において裕太は六花のことを好きになった。

ゆえに私情をはさまず純粋に正義としてアカネと対峙できる存在として裕太が選ばれたわけです。

こう考えると、
裕太の恋愛感情を決定づける何か(例えば告白)があったと考える方がしっくりくるわけで、その出来事は裕太にグリッドマンが乗り移る直前であったと考えられるわけです。

第12話「覚醒」

グリッドマン達が自分達の世界に戻る別れの場面。

グリッドマンは
「私が宿ってもなお、六花への思いは変わらなかったように」
と言い、照れる六花。

さらに、
その後に内海がグリッドマンが裕太に宿った理由について考える際、

六花は裕太がアカネの隣の席であった点を言って、「たぶんそれだけじゃないと思うけど」と付け加えます。

そして学校での回想シーンが入ります。

裕太がアカネと席が隣でありながらアカネには興味もなく、六花のことを気にかけていたことを六花は知っていた様子ですね。


まとめ

「SSSS.GRIDMAN 第5話」(Abema TV)より引用

記憶喪失直前に、裕太と六花との間に何かがあったことは明らかですが、それが本編で具体的に説明されることはありません。

しかし物語全体から察するに、

  1. アカネは以前から怪獣によって街を破壊・再生させ都合のよい世界を作っていた。
  2. その過程の記憶は人々から消去され、ゆえに今まで誰も気づいていなかった。
  3. 世界を作ったアカネだが、そこで生まれる偶然の要素はコントロールができない。
  4. 人々はアカネに好意を持つように設定されているが、偶然にもアカネに興味が向かず六花に恋愛感情を持った裕太という人物がいた。
  5. 裕太は六花に告白(あるいはそれに近い行動)をした。
  6. アカネに近しい存在でありながらアカネ以外に好意を持った人物が確定。
  7. グリッドマンが裕太に宿る。
  8. 裕太、記憶喪失。

といった流れかなと。

このように考えると、
六花目線で言うと告白された後に偶然に裕太が記憶喪失になるというなんとも間の悪いタイミングですが、

実際は2人の関係性が進展してから裕太が記憶喪失になったのはある意味必然であることがわかります。


その他の記事

「SSSS.GRIDMAN」第4話の解説と考察~アカネの疑心と六花の疑心~

「SSSS.GRIDMAN」第5話の解説と考察~なぜ山は崩れた?アカネの水着と余計な仕事~

「SSSS.GRIDMAN」第6話の見どころ解説と考察~アノシラスの少女と仮想世界~

「SSSS.GRIDMAN」第7話の解説と考察~アカネはやっぱり本物?裕太の使命とアンチの運命~

「SSSS.GRIDMAN」第8話の解説と考察~六花の瞳とアカネの思惑~

「SSSS.GRIDMAN」第9話の解説と考察~アカネの生死の謎と深まる孤独感~

「SSSS.GRIDMAN」第10話の解説と考察~寝たりしない「本当の人間」とアンチの心~

「SSSS.GRIDMAN」第11話「決・戦」の解説と考察~裕太の瞳とアカネの瞳~

SSSS.GRIDMAN 第12話「覚醒」解説と考察~アカネの正体と神様の世界~

「SSSS.GRIDMAN」を初めて見るときの順番や予備知識

「SSSS.GRIDMAN」OPの伏線の解説や考察

「SSSS.GRIDMAN」EDの伏線の解説や考察

「SSSS.GRIDMAN」の考察・仮説・伏線一覧

「SSSS.GRIDMAN」と「電光超人グリッドマン」の違い

「SSSS.GRIDMAN」六花達の瞳の色の解説と考察と仮説

「SSSS.GRIDMAN」ボイスドラマの伏線一覧


参考資料