鋼の錬金術師「手合わせ錬成」とは?人体練成と真理の扉~ハガレン解説~




「手合わせ錬成」とは?

「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第1話」(GYAO!)より引用

「鋼の錬金術師」において、錬金術を両手を合わせただけで行える「手合わせ錬成」。

「手合わせ錬成(練成陣なしでの練成)」は人体練成などを試みた際に「真理の扉」を見ることで可能になります。

「手合わせ錬成」は練成陣なしで錬金術を行えるので、瞬時にバリエーションに富んだ練成ができます。

錬金術師にとって、「練成陣を描く」という行為は特に戦闘においては大きなタイムロスになります。

そのため、マスタング大佐をはじめ戦闘で錬金術を使う場合は手袋などにあらかじめ練成陣を書いておく者が多数派です。

「手合わせ練成」と「あらかじめ書いておいた練成陣での錬金術」の違いは錬金術のバリエーションです。

たとえば作中、エドは様々な錬金術を手合わせ練成によって行いますが、一方でマスタング大佐などは「焔の錬金術」のみです。



「真理の扉」とは?

「真理の扉」の定義について作中で明確に定義されていはいませんが、

「真理の扉」とは膨大な情報量が含まれた知識の源のようなものと考えるといいでしょう。

人体練成を行うと、そのリバウンドで術者は代償を支払うことになります。

その際のやりとりが行われるのが真理の扉の門前。

術者は一瞬ではありますが真理の扉の中を見ることができます。

つまり人体練成を行うと一瞬ではありますが神のごとき膨大な知識量に触れることができるわけです。



「手合わせ錬成」の仕組み

「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第1話」(GYAO!)より引用

先述の通り「手合わせ錬成」は真理の扉を開くことによって可能になります。

しかしその背景は、「真理の扉により不思議な力を与えられる」というのではなく、「真理と扉により膨大な知識量を得ることができそれゆえに練成陣なしでも練成できる技術が手に入る」というニュアンスかと。

錬金術は円の中に銘々の模様を描いて発動します。

練成陣の「円」は「力の循環」を表わします。

「手合わせ練成」とは自らの手を合わせることで力を循環させ、自身を練成陣に見立てることで練成を行うという仕組みです。

それゆえに、「手合わせ練成」はあくまで「非常に高度な錬金術」というイメージで、

作中でも手合わせ練成を見た他の錬金術師たちは「手合わせ練成 = 人体練成をした」とはすぐには結び付きません。



まとめ

錬金術を両手を合わせただけで行える「手合わせ錬成」。

「手合わせ錬成(練成陣なしでの練成)」は人体練成などを試みた際に「真理の扉」を見ることで可能になります。

「鋼の錬金術師」本編において「手合わせ練成」をできるのは

エド、アル、イズミ、マスタング大佐です。

もっとも、マスタング大佐は終盤だけですが。

ホーエンハイムも練成陣なしで練成ができますが、これは体内に賢者の石があるから。

なのでホーエンハイムの場合は手を合わせる必要もない「ノーモーションでの錬金術」が行えます。



その他の記事

鋼の錬金術師を初めてアニメで観るときの順番
鋼の錬金術師を初めてアニメで観るときの順番 人気漫画である「鋼の錬金術師」。 漫画・アニメ・映画(アニメ)・映画(実...
キング・ブラッドレイはなぜ再生しないのか?【ハガレン解説】
鋼の錬金術師の漫画およびアニメ2期において、 ホムンクルスのラースでありアメストリスの大総統、キング・ブラッドレイ。 彼はホムン...
「鋼の錬金術師」1期と2期のホムンクルスの違い
【目次】 ・「鋼の錬金術師」1期と2期のホムンクルスの違い ・それぞれのホムンクルスの違い ・まとめ ・その他の記事 ...
グリード(リン)はなぜ再生するのか?【ハガレン解説】
「鋼の錬金術師」はアニメが1期と2期があり、それぞれ展開が異なります。 今回は2期および原作の「グリード」についてです。 【...
「鋼の錬金術師」アニメ1期と2期の違い
【目次】 ・「鋼の錬金術師」アニメ1期と2期の違い ・1期と2期の主な違い ・まとめ ・その他の記事 「鋼の錬...
「鋼の錬金術師 シャンバラを征く者」名言集~ハガレン解説~
【目次】 ・「劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者」とは? ・「劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者」名言集 ・まとめ...
鋼の錬金術師(2期)の結末のネタバレ~ラストの解説とクライマックスのあらすじ~
【目次】 ・鋼の錬金術師(2期)の結末 ・エドはどうやって身体を取り戻し、なぜ錬金術が使えなくなったのか? ・エルリック兄弟以...



参考資料