カルロのその後(第2回世界ブランプリ)|爆走兄弟レッツ&ゴー!! WGP

「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」についてのページです。
適宜ネタバレも含みますのでご了承ください。



カルロのその後

アニメ 爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP 第二十八話「スリーリレーバトル!打倒!ディオスパーダ」(ミニ四駆チャンネル【コロコロ×タミヤ公式】)(youtube)より引用

 第1回世界グランプリファイナルステージで純粋な勝利とバトルレースによる自滅を経験したカルロ。

 カルロはその後、バトルレースをやめたことがゲーム「POWER WGP2」にて描写されています。

 第2回世界グランプリはアニメ化されていないものの、ゲーム「POWER WGP2」にてそのシナリオは明らかになっています。

 カルロおよびロッソストラーダは予選を勝ち抜き第2回世界グランプリにも出場しており、アニメその後がゲームにて確認できます。



解説

ロッソストラーダのその後

アニメ 爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP 第十九話「勝て!恐怖のデスマッチ ディオスパーダVSサイクロンマグナム」(ミニ四駆チャンネル【コロコロ×タミヤ公式】)(youtube)より引用

 第1回世界グランプリ優勝を逃したことで、オーナーから信頼を失ってしまったロッソストラーダ。
 しかし個々の実力もあってかルキノを含めたロッソストラーダ5人は再び這い上がります。

 ただしその苦労は相当であった様子で、カルロ以外の4人は優勝したビクトリーズを逆恨みすることとなります。


カルロの変化

アニメ 爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP 第四十九話「勝者の条件!」(ミニ四駆チャンネル【コロコロ×タミヤ公式】)(youtube)より引用

 POWER WGP2にて、「あの時の勝利をまんざらでもないと思った自分にムカムカする」といった旨の発言を豪にしているカルロ。

 自分に苛立ちを感じつつも、第1回世界グランプリ第2セクションの勝利を「まんざらでもない」と自分で認めているあたりにカルロの変化がうかがえます。

 ヨーロッパ予選含め第2回世界グランプリでカルロはバトルレースを行っておらず、態度は素直でないもののほぼ改心した様子が見られます。


カルロの人間関係の変化

アニメ 爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP 第五十一話「栄光のゴールをめざして」(ミニ四駆チャンネル【コロコロ×タミヤ公式】)(youtube)より引用

 カルロはバトルレースをやめたことで、ロッソストラーダ内では以前より孤立することになります。

 ルキノの反発は相変わらずですが、他の3人からも「バトルをしない」=「臆病になった」と解釈されることとなります。

 カルロに最も従順であったゾーラすらもカルロに対して失望しており、ルキノ側についています。

 その実力から依然としてカルロがリーダーであるものの、実質的に1対4の人間関係になっているロッソストラーダ。

 チーム内では孤立したカルロですが、バトルをやめたことで逆に豪からは信頼されるようになっており、チーム内よりチーム外に絆ができている印象を受けます。

 豪との人間関係についても口では素直になれないカルロですが、ゲーム内でロッソストラーダ4人を相手にカルロと豪が共闘するシーンは胸が熱くなるものがあります。



アニメ解説

「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」についてのページです。 適宜ネタバレも含みますのでご了承ください。 第51話「栄光のゴールを...



補足記事

「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」についてのページです。 適宜ネタバレも含みますのでご了承ください。 グランプリマシン一覧 ...
「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」についてのページです。 適宜ネタバレも含みますのでご了承ください。 アイゼンヴォルフ ...
「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」についてのページです。 適宜ネタバレも含みますのでご了承ください。 NAアストロレンジャーズ...
「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」についてのページです。 適宜ネタバレも含みますのでご了承ください。 ロッソストラーダ ...
「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」についてのページです。 適宜ネタバレも含みますのでご了承ください。 クールカリビアンズ ...



参考資料

テキストのコピーはできません。