カルロの「消えてなくなれ!」|爆走兄弟レッツ&ゴー!! WGP 第37話「荒馬たちの挽歌」

「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」についてのページです。
適宜ネタバレも含みますのでご了承ください。



カルロの暴言と暴力

 消えてなくなれ!!

アニメ 爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP 第三十七話「荒馬たちの挽歌」(ミニ四駆チャンネル【コロコロ×タミヤ公式】)(youtube)より引用

 玩具販促の子供向けアニメとは思えないカッコイイサブタイトルである第37話「荒馬たちの挽歌」。

 小学生がナイフを扱ったり、チームメイトを殴ったり、今なら若干コンプライアンスに引っかかりそうな回と言えます。

 しかし丁寧で視聴者を引き付ける構成・見せ方であるレッツ&ゴーは、やはり今でも楽しめる名作アニメの1つかと思います。



解説

ルキノのミスで不正が明るみになるロッソストラーダ

アニメ 爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP 第三十七話「荒馬たちの挽歌」(ミニ四駆チャンネル【コロコロ×タミヤ公式】)(youtube)より引用

アニメ 爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP 第三十七話「荒馬たちの挽歌」(ミニ四駆チャンネル【コロコロ×タミヤ公式】)(youtube)より引用

 第37話でロッソストラーダはアストロレンジャーズとビクトリーズ2チームと対戦し、どちらもルキノはバトルに執着しすぎた行動をとります。

 これについてカルロは終わったことでルキノを責めたりはしませんでした。

 カルロは常に建設的な意見のみしており、ルキノのように相手を責めるような発言はしません。


アディオダンツァを使うカルロ

アニメ 爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP 第三十七話「荒馬たちの挽歌」(ミニ四駆チャンネル【コロコロ×タミヤ公式】)(youtube)より引用

 反省も学びもしないルキノ。
 加えて自分の勝利の邪魔をする豪にカルロは苛立ちもあってかアディオダンツァを放ちます。

 ルキノの件でバレたのはナイフのアディオダンツァだけなので、おそらくいつものようにコーナーでさりげなく使っていれば衝撃波のアディオダンツァはごまかせたかもしれません。

 しかし加速しきったストレートコースで無理やり放ったアディオダンツァにより、ディオスパーダはマシントラブルを起こしてしまいます。

 ビートマグナムとディオスパーダが同時にトラブルを起こした不自然さから、衝撃波のほうのアディオダンツァもオフィシャルに不正と見抜かれてしまいます。

 ちなみにカルロはアストロレンジャーズ戦を踏まえ今回も衝撃波対策を警戒していました。

 衝撃波対策をしたマシンは緩衝材を入れるため若干重く、加速が悪くなってしまいます。

 カルロがアディオダンツァを放ったのは、ビートマグナムの加速と豪の性格から対策をしていないという読みが半分、ルキノや豪への苛立ちおよび勝利への執着という感情的な面が半分といったところでしょうか。


カルロの暴力的な名言

 てめぇの顔見てるとムカムカするぜ。
 消えてなくなれ!!

アニメ 爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP 第三十七話「荒馬たちの挽歌」(ミニ四駆チャンネル【コロコロ×タミヤ公式】)(youtube)より引用

 事の発端はルキノでしたが、それを棚に上げてカルロの責任を追及するルキノ。

 レースに負けたフラストレーションもあり、ついに手が出てしまいます。



本編

「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」についてのページです。 適宜ネタバレも含みますのでご了承ください。 第37話「荒馬たちの挽歌...



補足記事

「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」についてのページです。 適宜ネタバレも含みますのでご了承ください。 爆走兄弟レッツ&ゴー...



参考資料

テキストのコピーはできません。