ファイナルステージのミハエル|爆走兄弟レッツ&ゴー!! WGP 第46話「ファイナルステージスタート!」

「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」についてのページです。
適宜ネタバレも含みますのでご了承ください。



ファイナルステージのミハエル

アニメ 爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP] 第四十六話「ファイナルステージスタート!」(ミニ四駆チャンネル【コロコロ×タミヤ公式】)(youtube)より引用

 コース特性に合わせた比較的妥当な作戦をとったアストロレンジャーズ・ロッソストラーダ・ビクトリーズに対し、ややミハエルの好奇心でメンバーの振り分けが行われたアイゼンヴォルフ。

 ビクトリーズはマシンがそれぞれ異なるため例外ですが、アストロレンジャーズとロッソストラーダはマシンが得意なコースにそのチームのエースが配置される作戦をとっています。

 これに対し、まったく逆のパターン、つまりエースを最も不利なコースに配置することになったアイゼンヴォルフ。

 ファイナルステージは各チームの作戦やスタンスの違いもおもしろい点かと思います。



シーンの解説

アイゼンヴォルフのマシン特性

アニメ 爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP 第四十一話「リーダーの責任」(ミニ四駆チャンネル【コロコロ×タミヤ公式】)(youtube)より引用

 ファイナルステージの3日間はストレート・テクニカル・複合コースで構成されています。

 性能自体も高速型で、なおかつツヴァイフリューゲル・ツヴァイラケーテという必殺技を持つベルクカイザー。

 一方で、アクティブサスペンションを持つバックブレーダー、リアステアリング機能を持つディオスパーダ、バスターソニックやスピンバイパーを所有するビクトリーズ。

 アイゼンヴォルフは他チームよりテクニカルコースに対しては不利です。

 アイゼンヴォルフに有利なコースは1日目で、本来優勝を狙うならこの1日目でできるだけタイムを稼いでおく必要があります。


第2セクションを走るミハエル

アニメ 爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP] 第四十六話「ファイナルステージスタート!」(ミニ四駆チャンネル【コロコロ×タミヤ公式】)(youtube)より引用

 3日目の最終コースで1位になったチームが勝ちというファイナルセクションでは、(2日目に走ったマシンは負担が蓄積されてはいるものの)とりあえず3日目はメンバー全員が走るという作戦をとります。

 このため1日目と2日目の振り分けが重要であり、ここでチームごとの個性が出ます。

 アイゼンヴォルフの場合、無敗神話をほこり最も勝率が良いミハエルが、1日目と2日目に走ることが本来はベストな選択のはずでした。

 1日目の有利なコースでタイムを稼ぎ、2日目はメンテナンスで温存、3日目で全力を出すという算段です。

 しかしながら、ミハエルは山越えのテクニカルコースというあえて難しいコースを走破することに魅力を感じてしまいます。

 この楽観的な選択が、第2セクションの稀有なレース展開を招くこととなります。



本編

「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」についてのページです。 適宜ネタバレも含みますのでご了承ください。 第46話「ファイナルステ...



補足記事

「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」についてのページです。 適宜ネタバレも含みますのでご了承ください。 爆走兄弟レッツ&ゴー...



参考資料

テキストのコピーはできません。