クールカリビアンズVSアストレンジャーズ|爆走兄弟レッツ&ゴー!! WGP 第38話「めざせ大逆転 絶対不利をはね返せ!」

「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」についてのページです。
適宜ネタバレも含みますのでご了承ください。



クールカリビアンズの神回

 行けー!
 ジャミンRG!!

アニメ 爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP 第三十八話「めざせ大逆転 絶対不利をはね返せ!」(ミニ四駆チャンネル【コロコロ×タミヤ公式】)(youtube)より引用

 主人公チーム不在のレースでありながら、胸が熱くなる点で言えば5本の指に入る神回であろう第38話のクールカリビアンズ。

 世界グランプリにおいてクールカリビアンズは最終的に最下位であることは変わりませんが、唯一の1勝が強豪アストロレンジャーズとの大金星である点が見事な演出です。



レースの解説

ショートカットコースを走るジャミンRG

アニメ 爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP 第三十八話「めざせ大逆転 絶対不利をはね返せ!」(ミニ四駆チャンネル【コロコロ×タミヤ公式】)(youtube)より引用

 リスクのあるショートカットコースを自ら試すピコはまさにリーダーの器です。

 マシンスペックの低さと成績の低さであまりフォーカスが当たりませんが、人を惹きつけるカリスマ性や思慮深さ、器の大きさなどピコはリーダーの資質が非常にある選手かと思います。

 他のメンバーもショートカットコースを利用し、どんどんアストロレンジャーズとの差を詰めていきます。

 だんだんと焦るハマーDやエッジの演出もレースを盛り上げてくれます。


逆転のクールカリビアンズ

アニメ 爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP 第三十八話「めざせ大逆転 絶対不利をはね返せ!」(ミニ四駆チャンネル【コロコロ×タミヤ公式】)(youtube)より引用

 そしてアストロレンジャーズより前を行くクールカリビアンズ。

 アクティブサスペンションによりハイテクマシンの中ではオフロードに強いほうのバックブレーダーですが、シンプルな構造ゆえに頑丈なジャミンRGにはやはり劣る様子。


クールカリビアンズの勝利

 行けー!
 ジャミンRG!!

アニメ 爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP 第三十八話「めざせ大逆転 絶対不利をはね返せ!」(ミニ四駆チャンネル【コロコロ×タミヤ公式】)(youtube)より引用

 最後のパワーブースターで差を縮めるアストロレンジャーズ。

 1位がブレッドのバックブレーダー、2,3,5位をジャミンRGがとりポイントの合計でクールカリビアンズが勝利します。

 チームとしてはクールカリビアンズが勝利しましたが、リーダーであるピコのジャミンRGがショートカットコースを使ってもブレッドに勝てないところがシビアです。

 レッツ&ゴーの、子供向けでありながらこういうシビアな演出もまた魅力かと思います。


ブレッドとミハエルの名言

 俺達はパーフェクトだった。
 相手を侮ったわけではない。
 彼らの走りがすごかっただけさ。

アニメ 爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP 第三十八話「めざせ大逆転 絶対不利をはね返せ!」(ミニ四駆チャンネル【コロコロ×タミヤ公式】)(youtube)より引用

 この結果を予想できなかったのなら、
 お前もパーフェクトじゃないってことさ。

アニメ 爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP 第三十八話「めざせ大逆転 絶対不利をはね返せ!」(ミニ四駆チャンネル【コロコロ×タミヤ公式】)(youtube)より引用

 うん、心していくよ。
 勝負に絶対はないんだから。

アニメ 爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP 第三十八話「めざせ大逆転 絶対不利をはね返せ!」(ミニ四駆チャンネル【コロコロ×タミヤ公式】)(youtube)より引用

 負けてもかっこいいブレッド。

 バトルのない、久しぶりのスポーツマンシップのあるレースです。



本編

「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」についてのページです。 適宜ネタバレも含みますのでご了承ください。 第38話「めざせ大逆転 ...



補足記事

「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」についてのページです。 適宜ネタバレも含みますのでご了承ください。 爆走兄弟レッツ&ゴー...



参考資料

テキストのコピーはできません。