カルロとディオスパーダVSビートマグナム|爆走兄弟レッツ&ゴー!! WGP 第36話「五ヶ国対抗選抜レース!激走!ビートマグナム」

「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」についてのページです。
適宜ネタバレも含みますのでご了承ください。



五ヶ国対抗選抜レースのカルロ

アニメ 爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP 第三十六話「五ヶ国対抗選抜レース!激走!ビートマグナム」(ミニ四駆チャンネル【コロコロ×タミヤ公式】)(youtube)より引用

 ルキノやリョウの煽りもあり、豪に対して感情的になりすぎて「らしくない」レースをしてしまった五ヶ国対抗選抜レースのカルロ。

 全体を通して見ると、「普通に走っていれば勝てた」レースをカルロは落としてしまいます。



レース解説

ディオスパーダにキスをするカルロ

アニメ 爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP 第三十六話「五ヶ国対抗選抜レース!激走!ビートマグナム」(ミニ四駆チャンネル【コロコロ×タミヤ公式】)(youtube)より引用

 バトルレースはするものの、マシンに対する愛情は一流のカルロ。

 表情には出ていませんが、リョウのレース前の「汚いマシン」という表現はカルロを煽るには十分な言葉のチョイス。


逆走が仇となるカルロ

アニメ 爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP 第三十六話「五ヶ国対抗選抜レース!激走!ビートマグナム」(ミニ四駆チャンネル【コロコロ×タミヤ公式】)(youtube)より引用

 ブラインドが少ないコースで、マシンを使って中継カメラを壊すのはさすがの冷静さと合理性。

 しかし、逆走してまでビートマグナムを仕留めようとしたことで、ディオスパーダはバッテリーもタイムもロスしてしまいます。


カルロの作戦ミス

アニメ 爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP 第三十六話「五ヶ国対抗選抜レース!激走!ビートマグナム」(ミニ四駆チャンネル【コロコロ×タミヤ公式】)(youtube)より引用

 今回のレースはロッソストラーダ目線で言うと、ビクトリーズ以外はドリームチャンスレースと同じ組み合わせです。

 つまり一度勝っている組み合わせであり、ビートマグナムをマークする点は正しい選択でした。

 しかし、豪に感情的になるあまり、カルロはペース配分を明らかに誤ってしまいます。

 今回のコースは前半がテクニカルコース、後半がストレートコースとなっています。
 リアステアリング機能のあるディオスパーダは、本来このレースでは前半でできるだけマグナムなどの高速マシンを引き離しておくべきでした。

 しかし豪を意識しすぎて過度にペースを合わせ、また必要以上に他チームに幅寄せする走行でバッテリーを消耗してしまいます。

 加えて致命的なタイムロスとなる逆走。

 結果としてカルロはディオスパーダのベストなペース配分を行うことができず、後半息切れしてしまいます。



本編解説

「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」についてのページです。 適宜ネタバレも含みますのでご了承ください。 第36話「五ヶ国対抗選抜...



補足記事

「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」についてのページです。 適宜ネタバレも含みますのでご了承ください。 爆走兄弟レッツ&ゴー...



参考資料

テキストのコピーはできません。