SSSS.DYNAZENON 第2話 あらすじ・名言・解説|夢芽がダイナゼノンに乗る理由

アニメ「SSSS.DYNAZENON(ダイナゼノン)」についてのページです。
適宜ネタバレも含みますのでご了承ください。




第2話「戦う理由って、なに?」

ルールばっかり守ってたら、
守れないものもあるかもよ。

SSSS.DYNAZENON 第2話(Abema TV)より引用

 ダイナゼノンでの戦闘に関して意外と協力的な夢芽。

 グリッドマンのヒロイン六花の印象と、第1話の様子から夢芽もどちらかというと受け身・やる気のないポジションかと思いましたが、意外と蓬を引っ張るくらいの主体性を見せます。

 姉の死が背景にあることで、理屈よりも強い感情で人を助けたいと思う夢芽の言動が印象的な第2話。



あらすじ・名言・解説

怪獣の種?に触れるちせ

SSSS.DYNAZENON 第2話(Abema TV)より引用

 第1話から空や町中を舞う光の粒のような謎の物質。
 怪獣が発生する際はおおむねこの光の粒が発生しています。

 オープニングのシーン通り、怪獣となんらかの関りを持ちそうなちせ。
 光の粒に触れます。


操縦練習をする一同

SSSS.DYNAZENON 第2話(Abema TV)より引用

ちせ「それって、時給とか出るんすかね?」

暦「え、お金出るの?」

ちせ「出たら、どうします?」

暦「えー、だったらそれは、もう就職だよ」

SSSS.DYNAZENON 第2話(Abema TV)より引用

 お金が出ているか定かではありませんが、とりあえず練習をする暦と、それに同行するちせ。

 夢芽も意外と真面目に参加。
 蓬のみバイトで不在となります。


夢芽の入浴

SSSS.DYNAZENON 第2話(Abema TV)より引用

SSSS.DYNAZENON 第2話(Abema TV)より引用

 浴室に聞こえるくらい、リビングで口論をしている夢芽の両親。

 第1話でもどこか冷めた雰囲気のある家庭でした。

 夢芽の姉である香乃の死がきっかけなのかそれ以前からなのか、両親の仲は悪く、それが夢芽の心の闇にも影響している様子です。


夢芽と蓬の会話

SSSS.DYNAZENON 第2話(Abema TV)より引用

 練習を休む蓬に対し、夢芽は蓬を連れ出します。


でも戦わなかったら、
もっと酷いことになってたと思う。

ルールばっかり守ってたら、
守れないものもあるかもよ。

SSSS.DYNAZENON 第2話(Abema TV)より引用

 ダイナゼノンの戦いに消極的な蓬に対し、目の前で起こっていることに行動しようとする夢芽。

 後の電車での会話も含め、明らかに姉の死が背景にあります。

 戦闘でめちゃくちゃになった街を見る蓬と夢芽。
 ランドセルが電柱に引っかかっている描写が生々しいですね。
 幼い命が奪われたことが示唆されていて、婉曲ですが残酷なシーンです。


怪獣優勢思想の登場

SSSS.DYNAZENON 第2話(Abema TV)より引用

 怪獣優勢思想の登場。
 今回はジュウガが怪獣を操ります。

 第1話でガウマはうまくいかなかったですが、本来は怪獣使いはVの字にした手からのぞき込むことで目が光り、怪獣を操れるようです。


ダイナソルジャーウイングコンバイン

SSSS.DYNAZENON 第2話(Abema TV)より引用

 瞬間移動ができる怪獣に対し、分離して戦う作戦をとります。


SSSS.DYNAZENON 第2話(Abema TV)より引用

守れるものは、守る!

SSSS.DYNAZENON 第2話(Abema TV)より引用

 夢芽のサポートを受けながら、蓬もダイナソルジャーをなんとか操縦します。


SSSS.DYNAZENON 第2話(Abema TV)より引用

 こうして怪獣を倒し、怪獣優勢思想と対峙し第3話へと続きます。



参考資料