呪術廻戦 第23話「起首雷同-弐-」 あらすじ・名言・解説

アニメ「呪術廻戦」に関するページです。
ネタバレを含みますのでご了承ください。




第23話「起首雷同-弐-」

もっと自由に、広げろ!
術式の、解釈を!!

呪術廻戦 第23話「起首雷同—弐—」(GYAO!)より引用

不完全ながら、伏黒の領域展開初披露回になります。

五条との会話や、過去の回想も含め、深いセリフが多い第23話。



あらすじ・名言・解説

壊相(えそう)初登場

呪術廻戦 第23話「起首雷同—弐—」(GYAO!)より引用

呪胎九相図の2番である「壊相(えそう)」が初登場。

釘崎を引っ張り出します。
言動は非常に紳士的。


伏黒VS特級呪霊

呪術廻戦 第23話「起首雷同—弐—」(GYAO!)より引用

呪術廻戦 第23話「起首雷同—弐—」(GYAO!)より引用

虎杖が宿儺の指を取り込み、部分的に宿儺が復活したことで、他の指も活性化していた様子。

今回の八十八橋の件も、活性化した宿儺の指が原因と思われます。

それにより生み出された特級呪霊。
少年院の呪霊とは別の個体ですが、発生原理は同じです。


五条と伏黒

五条「あとは意識の問題だと思うよ。
恵、本気の出し方、知らないでしょ?」

伏黒「はあ?
俺が本気でやってないって言うんですか?」

五条「やってないんじゃなくて、できてないんだよ。
たとえばさあ、この前の野球。
なんで送りバントしたの?
自分がアウトになっても、野薔薇の塁を進めたかった?
それはご立派。
でも、悠仁や僕なら常にホームランを狙う。
バントが悪いって言ってんじゃないよ。
野球は団体競技。
それぞれに役割があるからね。
でも呪術師はあくまで個人競技」

呪術廻戦 第23話「起首雷同—弐—」(GYAO!)より引用

五条との稽古の回想をはさみます。


伏黒「他の術師との連携は大事でしょ」

五条「まあね。
でも周りに味方が何人いようと、死ぬときは一人だよ。
君は自他を過小評価した材料でしか組み立てができない。
少し未来の強くなった自分を想像できない。
君の奥の手のせいかな。
最悪自分が死ねが、全て解決できると思ってる。
それじゃあ僕どころか、七海にもなれないよ。
死んで勝つと、死んでも勝つ、全然違うよ。
恵、本気でやれ。もっと欲張れ」

呪術廻戦 第23話「起首雷同—弐—」(GYAO!)より引用

伏黒の性格を見抜いた、的を得た言葉。


伏黒の領域展開

伏黒「やめだ」

五条(呪術師の成長曲線は、必ずしも緩やかじゃない。)

呪術廻戦 第23話「起首雷同—弐—」(GYAO!)より引用

そしてリミッターが外れた伏黒。


伏黒(影の奥行きを全て吐き出す。
具体的なアウトラインは後回し。
呪力を練ったそばから押し出していき、
イメージしろ、自由に、限界を超えた未来の自分を。
やってやるよ!)

五条(確かな土壌、一握りのセンスと想像力。
あとは些細なきっかけで、人は変わる)

呪術廻戦 第23話「起首雷同—弐—」(GYAO!)より引用

領域展開を試みます。


領域展開、嵌合暗翳庭(かんごうあんえいてい)

呪術廻戦 第23話「起首雷同—弐—」(GYAO!)より引用

不完全ながら、生得領域の具現化に成功。


不完全、ブサイクもいいとこだ。
だが今はこれでいい。
もっと自由に、広げろ!
術式の、解釈を!!

呪術廻戦 第23話「起首雷同—弐—」(GYAO!)より引用

領域は特級呪霊を捉え、


呪術廻戦 第23話「起首雷同—弐—」(GYAO!)より引用

満身創痍ながら伏黒が勝利します。


いい、それで、いい。

呪術廻戦 第23話「起首雷同—弐—」(GYAO!)より引用

伏黒の成長に宿儺もご満悦。


伏黒の中学時代

伏黒「他人と関わる上での最低限のルール、わかるか?」

不良「わかりません」

伏黒「私はあなたを殺しません。
だからあなたも私を殺さないでください。
殺しを何に置き換えてもいい。
要は相手の尊厳を脅かさない線引き。
互いの実在を成す過程。
それがルール。
それを破って奪って腫れものみたいに扱われて、さぞ居心地がよかったろうな。
次俺の前でやったら殺すからな」

不良「俺ら、お前に何かしたか?」

伏黒「てめえで考えろ。それか死ね」

呪術廻戦 第23話「起首雷同—弐—」(GYAO!)より引用

意識朦朧とする伏黒の、中学時代の回想。


呪術廻戦 第23話「起首雷同—弐—」(GYAO!)より引用

悪人が嫌いだ。
更地みてえな想像力と感受性。
一丁前に息をしやがる。
善人が苦手だ。
そんな悪人を許してしまう。
許すことを格調高く捉えてる。
吐き気がする。

呪術廻戦 第23話「起首雷同—弐—」(GYAO!)より引用

喧嘩の絶えなかった中学時代の伏黒。


呪術廻戦 第23話「起首雷同—弐—」(GYAO!)より引用

伏黒「いつも笑って綺麗事を吐いて」

津美紀「人を許せないのは悪い事じゃないよ。
それも恵の優しさでしょ」

伏黒「俺の性根すら肯定する。
そんな津美紀も、俺が誰かを傷つけると本気で怒った。
俺はそれにイラついてた。
事なかれ主義の偽善だと思っていたから。
でも今は、その考えが間違いだとわかって。
俺が助ける人間を選ぶように、俺を選んで心配してくれてたんだろ。
悪かったよ。ガキだったんだよ。
謝るからさ、さっさと起きろよ、馬鹿姉貴」

呪術廻戦 第23話「起首雷同—弐—」(GYAO!)より引用

呪いにより寝たきりの津美紀。
そんな津美紀に不器用に接していた自分を悔やむ伏黒。


虎杖&釘崎VS血塗&壊相

呪術廻戦 第23話「起首雷同—弐—」(GYAO!)より引用

一方、結界の外では戦闘は続いています。



補足記事

アニメ「呪術廻戦」に関するページです。 ネタバレを含みますのでご了承ください。 呪術廻戦 第1クール ...



参考資料