呪術廻戦 第6話「雨後」 あらすじ・名言・解説

アニメ「呪術廻戦」に関するページです。
ネタバレを含みますのでご了承ください。




第6話「雨後」

呪術廻戦 第6話「雨後」(GYAO!)より引用

呪術廻戦 第6話「雨後」(GYAO!)より引用

宿儺との契約を結ぶことで虎杖が復活する第6話。

あえて「縛り」や「ルール」を作ることで力が強くなる、特殊な力を持てるというのは漫画であるあるの設定ですが、呪術廻戦も同様のようです。



あらすじ・名言・解説

宿儺と虎杖の契約

呪術廻戦 第6話「雨後」(GYAO!)より引用

呪術廻戦 第6話「雨後」(GYAO!)より引用

その人の心の中と例えられる「生得領域」。

宿儺は虎杖に取り込まれているため、虎杖の中に自分の生得領域を作っています。

宿儺の生得領域は以前の特級呪霊との戦いでも登場した「伏魔御厨子(ふくまみづし)」です。


呪術廻戦 第6話「雨後」(GYAO!)より引用

虎杖の反発もあり1つ契約を追加し、

  • 宿儺が「契闊」」と唱えたら1分間肉体を明け渡す
  • (肉体を明け渡す間)宿儺は誰も殺さないし傷つけない
  • この契約を(虎杖本人は)忘れる


という3つの契約をします。

明らかに伏黒へのなんらかの働きかけを狙っている宿儺。


呪術廻戦 第6話「雨後」(GYAO!)より引用

こうして虎杖が復活。


伏黒達の修行

呪術廻戦 第6話「雨後」(GYAO!)より引用

式神使いの伏黒、
釘による遠・中距離攻撃の釘崎。

交流会へ向けて近接戦闘の特訓をします。


虎杖の修行

呪術廻戦 第6話「雨後」(GYAO!)より引用

呪いのエネルギーが呪力、
呪力を使った技が呪術。
呪術の形式はその人の生来の術式に依存するため、才能が大きな要因になります。

もとは一般人であった虎杖には術式がないため、ひとまず呪力を拳に乗せる基本技を練習します。


呪術廻戦 第6話「雨後」(GYAO!)より引用

昔住んでたところの、ごみの指定袋がね、

おいおい、こんなときになんの話しだい?

プラゴミが赤で、燃えるゴミが青だったの。
私思ったわ、「逆じゃない?」って

呪術廻戦 第6話「雨後」(GYAO!)より引用

映画視聴に伴う感情起伏を活用し、呪力をコントロールすることを学ぶ虎杖。

個人的に、古い洋画なのに「指定ゴミ袋」という単語が出てくるのがおもしろいです。


五条を狙う呪霊

これ、なにか試されてます?
本当に先行ったら殴る的な。

呪術廻戦 第6話「雨後」(GYAO!)より引用

伊地知を先に行かせて一人になる五条。



参考資料