【Excel関数】TODAY関数の使い方~今日の日付を自動入力~

エクセル関数の中でも、かなりシンプルな関数の一つがTODAY関数

今日はTODAY関数を見ていきます。



TODAY関数とは?

TODAY関数はそのまま「トゥデイかんすう」と読みます。

TODAY関数は今日の日付を表示させる関数です。

例えば毎日プリントアウトしないといけない表があって、
その表には印刷した時点の日付を必ず表記しておかないといけない。
そんなときに手動で今日の日付を毎回入れるのは面倒ですよね。

TODAY関数を使えば今日の日付が自動で表示されます。

便利ですね。手動で行うが故のミスも減りそうです。


TODAY関数の使い方

TODAY関数の式はシンプルで、
今日の日付を表示させたいセルに

=TODAY()

と入力すればOKです。

「()」をつけるのを忘れずに。

ちなみに、
「2017年12月16日」、「2017-12-16」など日付の表示形式はいろいろありますね。

表示形式は「セルの書式設定」「表示形式」タブの「日付」から選ぶことができます。

西暦だけでなく、「H29」のような和歴での表示も可能です。


TODAY関数の意義

TODAY関数の意義はそのまんまですが、自動で今日の日付を求められる点です。

例えば顧客名簿において顧客の年齢など、
今日時点の情報を知りたいことがあります。

年齢や期限など、今日が何日かによって変わる値というものがあります。

これらをいちいちその日換算で手で計算するのは大変です。

TODAY関数を使えば、今日時点の最新情報を自動で出すことが可能です。

例えば生年月日がわかってる顧客の年齢が今日時点で何歳なのか。

例えば2009年11月1日に作られた製品は今日時点で製造から何日経っているのか。

そういった情報をTODAY関数を応用すれば求めることができます。

TODAY関数は単独では単に今日の日付を求める関数ですが、他の関数と組み合わせることでよりいっそう力を発揮する関数です。

例えば以下のような使い方です。

今日時点で「何歳何カ月何日」か表示する【Excel関数例】
今日時点で「何歳何カ月何日」か表示する =DATEDIF(A1,TODAY(),”Y”)&”歳”&DATE...



その他の記事

INDEX関数の使い方~上から何番目、左から何番目は何?~
Excelの関数の1つである、INDEX関数の使い方についてです。 INDEX関数とは? INDEX関数とは指定した...
【Excel】MATCH関数の使い方~何は上から何番目か?~
Excelの関数の1つである、MATCH関数の使い方についてです。 MATCH関数とは? MATCH関数とは指定した...
【Excel】SUMPRODUCT関数の使い方~条件を指定して求める~配列数式
SUMPRODUCT関数の使い方   A   B   C  D 1 売り物 お値段 個数 産地 2 りんご 100 1...
【Excel関数】DATEDIF関数の使い方
DATEDIF関数とは? 今日はDATEDIF関数についてです。 ちなみに読み方はDATEDIF(デイトディフ)です。 ...
【Excel】IF関数の使い方~簡単解説と具体例~
【目次】 ・IF関数とは? ・IF関数の使い方 ・IF関数の例 ・IF関数の意義 ・その他の記事 IF関数と...
【Excel関数】SUMIF関数の使い方~条件指定して合計する~
エクセル関数にはいろいろありますが、その中でも比較的簡単で便利な関数の一つにSUMIF関数があります。 今日はSUMIF関数を見ていき...
【Excel】DATEVALUE関数の使い方 ~シリアル値を求める~
エクセルの関数の1つである、DATEVALUE関数の使い方についてです。 読み方は「データバリュー」です。 【目次】 1. D...
【Excel】VLOOKUP関数の使い方~表を参照して値を抽出~
【目次】 ・VLOOKUP関数とは? ・VLOOKUP関数の使い方 ・VLOOKUP関数の例 ・VLOOKUP関数の意義 ...
【Excel実例】その日が何曜日か自動で求める
エクセルで、指定した日が何曜日か求める式の実例です。 今回は年・月・日が別々のセルに入力されている場合を考えます。 【目次】 ...
今日時点で「何歳何カ月何日」か表示する【Excel関数例】
今日時点で「何歳何カ月何日」か表示する =DATEDIF(A1,TODAY(),”Y”)&”歳”&DATE...
Excel VBA 行や列を表示・非表示にするコード
行や列を表示・非表示にする 行や列を非表示にする Rows("1").Hidden = True &...