カウボーイビバップの名言 よせあつめブルース 解説16|アンフィニッシュド・シンパシー(スパイク)

 カウボーイビバップ(Cowboy Bebop)についてです。
 適宜ネタバレも含みますのでご了承ください。




Part16 アンフィニッシュド・シンパシー

「伝説的名作アニメ『カウボーイビバップ』Netflix配信日決定!| ネトフリアニメ」(Netflix Anime)(youtube)より引用

 ブルース・リーはこう言ったそうだ。
 「心を空っぽにして、どんな形態も形も捨てて、水のようになるんだ。水をコップに注げば水はコップとなるし、水をティーポットに注げば水はティーポットとなる。水は流れることも出来るし、激しく打つことも出来る。だから友よ、水のようになるよう心掛けることだ。」
 さすが俺の心の師は言う事が違う。こんな事も言ってる。
 「自分が教えているのは、護身術とか相手の倒し方とか、そういうことじゃなくて、むしろ、ある動きを通してどうやって自分を表現するか、ということなんだ。それが怒りであれ、決断であれ、何だろうとも。つまり格闘に則った、人間の体を使った表現法だ」
 ブルース・リーがただの映画スターや、ただの格闘家じゃないのがわかるだろ?

スパイク「鎖が長いなあ。ウェイ・オブ・ザ・ドラゴンモデルか」
店員「あ、わかるう?」

スパイク(カウボーイビバップ よせあつめブルース)より引用



解説

 滑らかでスピード感のあるスパイク達の格闘シーンは、カウボーイビバップの魅力の1つだと思います。

 そんなスパイクの体術を象徴するパートである「アンフィニッシュド・シンパシー」。

 スパイクをはじめカウボーイビバップの格闘シーンは決して突飛なものではなく、実際の格闘技がベースになっています。

 ブルース・リーを師と仰ぐスパイクの体術はジークンドーをベースとしています。
 セリフにある通り、力でごり押しではない滑らかな戦い方は、格闘技を知らない視聴者でも魅了されます。

 また劇場版ではジークンドーとおそらく異なる格闘スタイルを持つヴィンセントとの戦闘が、スパイクの動きをより際立たせています。



補足記事

初めて見る人用に、COWBOY BEBOP(カウボーイビバップ)の楽しみ方についてです。 カウボーイビバップとは?...
カウボーイビバップ(Cowboy Bebop)について適宜ネタバレも含みますのでご了承ください。 カウボーイビバップの...
カウボーイビバップ(Cowboy Bebop)について適宜ネタバレも含みますのでご了承ください。 スパイクは死んだのか...



参考資料