ブログの画像の縦と横の比はどうしよう?

ブログの画像の縦と横の比はどう設定しておこう? という話です。



1. 画像やイラストの縦と横の比率は?

ブログに画像やイラストを挿入する際、縦と横の比率はどうすべきか。

この縦と横の比率に絶対唯一のルールはなく、使い手の好みや画像の性質によって各々が使い分けている感じ。

いろいろ調べた結果、個人的には現状として
ブログに挿入する画像やイラストの縦と横の比率は3:2でいこうと思っています。
3が横。2が縦。

具体的な数値でいうと600×400px

以下、そう思った経緯を。


2. いろんなアスペクト比

はじめに、ブログに画像やイラストを挿入するとき、縦と横の比をどうしようかと悩みました。

毎回異なるとあとで何か一括で編集したいときたいへんそう。
でも適当に毎回やってるとそれもたいへんそう。

なんとなく、自分が使いやすい縦と横の比を決めておきたい。

ということでいろいろ調べてみました。

縦と横の比を一般にはアスペクト比って言って、
アスペクト比って種類がすごくある。

その中で主なものをピックアップすると、

1:1

縦と横が同じ長さ。要するに正方形。
インスタグラムの画像とかはこれ。

4:3

アナログ放送時代の比率。
世代によっては一番しっくりくるかも。

3:2

写真のL版が2.86:2(1.43:1)
ハガキが2.96:2(1.48:1)
なので、3:2はハガキサイズに割と近い比率。

先述の4:3より横が長い感じ。

16:9

地上デジタルの比率。
今回挙げたアスペクト比のうちで最も横長。

YouTubeの画面もこれ。


3. アスペクト比を選ぶポイント

とりあえず選択肢が多すぎてもあれなので、この4つの中から選ぼうと思ったわけです。

グーグル先生に聞いてみてもこの中で「絶対これ」といった感じはない様子。

あとは状況と個人の判断。

で、以下の点から考えました。

スクロールは面倒

イラストや画像はできるだけスクロールせずに1画面で見たいなあと思う派。
たぶん見る側のそうではないかなあと。

そう考えると、正方形より、少し横長、
つまり縦が短めのほうがスクロールしないで済みそう。

横が長すぎてもダメ

縦に長いとスクロールしないと画像が見れないリスクが高い。
ということで横長のほうがよさそう。

一般にパソコンの画面は大きい場合は16:9が多い。
けれどブログやウェブサイトの場合、多くはサイドメニューなどがありメインの画面は実質的には16:9より幅が短いはず。

個人的に、横や縦が長すぎて、切れるあるいは極端に縮小するのは避けたい。

計算しやすいほうがいい

あと、比率は計算しやすいほうが便利そう。


4. まとめ

そんなこんなで、アスペクト比は3:2にしました。

1:1だと正方形でスクロール頻度が高そう。
4:3も悪くはないけれど、もう少し横長がいい。
でも16:9は長すぎるし計算が面倒。

ということで3:2
イラストや画像は600×400pxを目安にしました。
うん、計算しやすい。


5. その他の記事

ブログを書く際に便利なネット上の無料ツールまとめ

「ネットの情報は信用できない」と言うおじさんや頭の悪い人

エクセルで、これを知っておくと世界が変わる(初心者向け)