ブログを書く場合に独自ドメインを使うようになる経緯

ブログをはじめようと思った際にまず決めないといけないのはどのサービスを使うかということではないでしょうか?

アメブロやはてなブログなど世の中には数多くのブログサービスがあります。
どのサービスを決めるかという基準はいろいろありますし、何を重視するかも人それぞれでしょう。

ブログを書く上でどんなサービスやツールを使うかの判断基準として、
独自ドメインが使えるか否かという基準があります。


独自ドメインとは?

まずドメインとは平たく言うとURLのことです。
このサイトで言うとlikiroku.comです。

※厳密に言うとドメインとURLの意味は同じではないですが、専門的な説明は端折ります。

独自ドメインとは独自のドメイン、つまり自分でドメインを決めるということです。


独自ドメインと独自じゃないドメイン

独自ドメインと対をなすのが独自じゃないドメインになります。

例えばブログのサービスとして大手であるアメブロ。
アメブロのドメインは「ameblo.jp/その人のブログの名前/」になっています。
つまり「ameblo.jp」が必ず付くわけです。

このように無料のブログサービスの多くがURLの一部に指定の文字が入り、完全には自分でドメインを決めることができません。

せっかく自分で作るブログ。できれば自分のオリジナルのドメインで始めたいものです。
しかし一方で「別に自分オリジナルのものでなくてもドメインなんてなんでもいいや」と感じる人もいるかもしれません。

では好みの問題は置いておいて、
独自ドメインとそうじゃないドメインの実務的な違いはなんでしょう?


メリットとデメリット

独自ドメインとそうでないドメインの違いをメリットとデメリットで見てみましょう。


独自ドメイン

○ 自分の好きなドメインにできる
○ ずっと使える
○ アフィリエイトなど収益化しやすい
○ 自由なサイト作りができる

× 有料
× 設定が必要


独自じゃないドメイン

○ 無料なものが多い
○ 手軽に始められる
○ 始めたばかりでも人目につきやすい

× 収益化の際に制限がかかることがある
× サービス提供会社がなくなると自分のドメインもなくなるかも
× サービス会社側が決める規則に従わないといけない


独自ドメイン

補足していきます。
独自ドメインの最も大きなメリットは、独自ドメインはあなたが取得しあなたが管理できる完全にあなたのものであるドメインです。

独自じゃないドメインはサービス会社に依存します。
サービス会社がもし倒産したらどうなるかわかりません。

しかし独自ドメインはあなたが管理するので全てあなた次第です。
あなたが使い続ければ、独自ドメインはずっと使えます。

ではなぜずっと使えることが良いのでしょう?

例えばあなたのブログを気に入ってくれた誰かがあなたのブログをブックマークしてくれたとします。
しかしあなたのブログのURLが変わってしまったらその人はブックマークからあなたのブログにたどりつけなくなります。

インターネット上においてドメインやURLが変わってしまうのは痛手なのです。

また、独自じゃないドメインはブログでお金を稼ごうとする際に不便になることがあります。
・具体的にはサービス会社によってはアフィリエイトが禁止されている
・グーグルアドセンスの審査にほぼ通らない
などです。このあたりはまた別の記事で扱いたいと思います。


手間と費用というデメリット

このように、基本的には独自ドメインのほうがそうでないドメインよりメリットが大きいです。

独自ドメインのデメリットは、そのメリットと引き換えに手間と費用がかかることです。

独自ドメインはドメインを管理している会社から直接契約して手に入れます。

そして独自ドメインは維持費がかかります。
維持費はどんなドメインにするかでまちまちです。
安いものなら年間1000円前後かそれ以下です。


後に独自ドメイン

はじめは独自じゃないドメインを使って、ブログを長く書くことになるなら独自ドメインへ移行するとい考え方があります。

いきなり出費を伴うよりは堅実な考え方ですが、また別の手間がかかります。

記事を引っ越したりリンク先を修正したり。
古いドメインと新しいドメインをリンクさせてたり・・・
引っ越しがうまくいかないときは原因を探したり・・・


ということで

ということで、このサイトははじめから独自ドメインでスタートしました。

・自分で自由にドメインを決められる点
・自分でドメインを管理できる点
・ネットの勉強になる点
これらが決めてでした。

コストも他の諸経費を合わせてこのサイトは年間1万円いかないくらいなので、勉強代としては悪くないかなと思っています。