レッツ&ゴーWGP 第4話 シルバーフォックスVSビクトリーズ「驚異のチームプレー!氷原から来た銀狐」|爆走兄弟レッツ&ゴー!! WGP

「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」についてのページです。
適宜ネタバレも含みますのでご了承ください。



第4話「驚異のチームプレー!氷原から来た銀狐」

アニメ 爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP 第四話「驚異のチームプレー!氷原から来た銀狐」(ミニ四駆チャンネル【コロコロ×タミヤ公式】)(youtube)より引用

 アニメ「爆走兄弟レッツ&ゴー!! WGP」の第4話「驚異のチームプレー!氷原から来た銀狐」」。

 主人公チームであってもレースの勝敗が非常に多様なのがレッツ&ゴーの魅力の1つかと思います。

 特にシルバーフォックス戦はチームワークというビクトリーズとはある意味対極となる持ち味で戦うところがおもしろいです。

 また、明らかにモブ的なマシンとキャラデザインの登場人物が活躍する演出もWGP編の魅力かと思います。



各シーンの解説

プレイバック

アニメ 爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP 第四話「驚異のチームプレー!氷原から来た銀狐」(ミニ四駆チャンネル【コロコロ×タミヤ公式】)(youtube)より引用

 レッツ&ゴーのメタ的なシーンの1つである、豪のプレイバック。

 リレーにおけるアンカーの立ち位置を知った豪は、時間を巻き戻してアンカーを希望。

 ただし実際の順番は烈の発案でレースで決めることに。

 ストレートとテクニカルが複合された氷上コースにおいて、今回のタイムは速い順に豪・烈・藤吉・リョウ・Jとなったようです。

 フロントモーターで重心が安定しているスピンコブラがそこまで活躍できていない様子。


シルバーフォックスVSビクトリーズ

アニメ 爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP 第四話「驚異のチームプレー!氷原から来た銀狐」(ミニ四駆チャンネル【コロコロ×タミヤ公式】)(youtube)より引用

 そしてリレー形式のレースがスタート。

 ボディキャッチをバトンのリレーとするため、今回はどのマシンも緑のボディキャッチを装着しているビクトリーズ。

 レッツ&ゴーは作画ミスや作画崩壊がわりとあるアニメかと思いますが、こういった細かい描写をきちんとやっているシーンももちろんあります。


アニメ 爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP 第四話「驚異のチームプレー!氷原から来た銀狐」(ミニ四駆チャンネル【コロコロ×タミヤ公式】)(youtube)より引用

 前日の担当分けしたコースチェックや、当日のコース状況を逐一報告し合うチームワークでシルバーフォックスが徐々に追いついていきます。


明暗を分けたチームワーク

アニメ 爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP 第四話「驚異のチームプレー!氷原から来た銀狐」(ミニ四駆チャンネル【コロコロ×タミヤ公式】)(youtube)より引用

 コース状況を烈が助言するも、聞く耳を持たない豪。

 マグナムのベストなセッティングができている点と、前日に最高タイムを出している慢心からタイヤにチェーンを装備せず。


アニメ 爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP 第四話「驚異のチームプレー!氷原から来た銀狐」(ミニ四駆チャンネル【コロコロ×タミヤ公式】)(youtube)より引用

アニメ 爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP 第四話「驚異のチームプレー!氷原から来た銀狐」(ミニ四駆チャンネル【コロコロ×タミヤ公式】)(youtube)より引用

 最終的に、万全のセッティングを行ったシルバーフォックスがマシン性能差をひっくり返し勝利します。

 こうしてビクトリーズの初の黒星となったシルバーフォックス戦。



前後のあらすじ

「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」についてのページです。 適宜ネタバレも含みますのでご了承ください。 第3話「GPマシン完成!...
「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」についてのページです。 適宜ネタバレも含みますのでご了承ください。 第5話「打倒!バックブレ...



補足記事

「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」についてのページです。 適宜ネタバレも含みますのでご了承ください。 グランプリマシン一覧 ...
「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」についてのページです。 適宜ネタバレも含みますのでご了承ください。 アイゼンヴォルフ ...
「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」についてのページです。 適宜ネタバレも含みますのでご了承ください。 NAアストロレンジャーズ...
「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」についてのページです。 適宜ネタバレも含みますのでご了承ください。 ロッソストラーダ ...
「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」についてのページです。 適宜ネタバレも含みますのでご了承ください。 クールカリビアンズ ...



参考資料

テキストのコピーはできません。