呪術廻戦 第3話「鉄骨娘」 あらすじ・名言・解説

アニメ「呪術廻戦」に関するページです。
ネタバレを含みますのでご了承ください。




第3話「鉄骨娘」

私が私であるためだもの。

呪術廻戦 第3話「鉄骨娘」(GYAO!)より引用

釘崎野薔薇(くぎさきのばら)の登場回でありメイン回である第3話。
おまけコーナーの「じゅじゅさんぽ」も始まります。

第3話にて虎杖・伏黒・釘崎、高専1年生が揃います。

五条も含め4人のにぎやかなやりとりが微笑ましく、そのぶん以降の話の戦闘の恐怖感や悲しさが際立ちます。



あらすじ・名言・解説

釘崎野薔薇の登場

喜べ男子、紅一点よ。

呪術廻戦 第3話「鉄骨娘」(GYAO!)より引用

入学は決まっていたものの、虎杖よりあとの合流となった釘崎。

高専は表向きは宗教系学校となっていますが実際は呪術師の学校であり、何かと手続きが煩雑になったとのこと。


呪術廻戦 第3話「鉄骨娘」(GYAO!)より引用

3人の性格の違う掛け合いはそれはそれでおもしろいというか息が合っているというか。


釘崎&虎杖の除霊任務

呪術廻戦 第3話「鉄骨娘」(GYAO!)より引用

五条に連れられ、早々に除霊。
呪霊とはいえ、目の前の生き物のようなものを躊躇なく祓えるか、五条は釘崎を試します。


呪術廻戦 第3話「鉄骨娘」(GYAO!)より引用

呪術廻戦 第3話「鉄骨娘」(GYAO!)より引用

呪力をまだ使えない虎杖は、五条から呪力のこもった武器を渡されます。

高い身体能力で呪霊を圧倒。
まんざらでもない様子の虎杖。
このあたりの、虎杖が自信をつける描写は今後の物語の伏線かと。


呪術廻戦 第3話「鉄骨娘」(GYAO!)より引用

呪術廻戦 第3話「鉄骨娘」(GYAO!)より引用

釘に自身の呪力を込めて攻撃する術式を持つ釘崎。
遠距離攻撃には使い勝手が良さそうですが、近距離戦闘には不利そうな術式です。


人質をとる呪霊

呪術廻戦 第3話「鉄骨娘」(GYAO!)より引用

力は弱いですが、人質をとり自身に有利な状況を作る、狡猾な呪霊。

虎杖が背後から不意打ちするかたちで状況を打破。


呪術廻戦 第3話「鉄骨娘」(GYAO!)より引用

呪術廻戦 第3話「鉄骨娘」(GYAO!)より引用

逃げる呪霊を藁人形で仕留める釘崎。カッコイ。


釘崎が呪術師になった理由

呪術廻戦 第3話「鉄骨娘」(GYAO!)より引用

呪術廻戦 第3話「鉄骨娘」(GYAO!)より引用

東京から来た「沙織ちゃん」一家は田舎の閉鎖的な価値観により村を追い出されます。

そんな「田舎」を嫌悪する釘崎。


虎杖「そんな理由で命懸けられるの?」

釘崎「懸けられるわ。
私が私であるためだもの」

呪術廻戦 第3話「鉄骨娘」(GYAO!)より引用

呪術師になる動機としてはいささか不純な気もしますが、これはこれで揺るがない信念とも言えます。



参考資料