カイゼルグリッドナイトとは? マイトガインやゴルドラン|SSSS.DYNAZENON(ダイナゼノン)

アニメ「SSSS.DYNAZENON(ダイナゼノン)」についてのページです。
適宜ネタバレも含みますのでご了承ください。




超合体竜王カイゼルグリッドナイト

SSSS.DYNAZENON 第9話(Abema TV)より引用

 SSSS.DYNAZENONにおいて、ダイナゼノン・グリッドナイト・ゴルドバーンが合体した形態であるカイゼルグリッドナイト。

 様々なロボットアニメのオマージュも含んだある意味でオマージュの合体形態でもあります。



解説

合体時の解説

SSSS.DYNAZENON 第9話(Abema TV)より引用

 カイゼルグリッドナイトはダイナゼノン・グリッドナイト・ゴルドバーンの3体が合体するわけですが、

 合体時にゴルドバーンの能力によりグリッドナイトが若干縮小します。

 これによりダイナゼノンとほぼ同じ背丈であるグリッドナイトが、ダイナソルジャーの変わってコアロボットの役割を担えます。


SSSS.DYNAZENON 第9話(Abema TV)より引用

 ちなみにゴルドバーンは登場時にちせの部屋の家具を小さくしたり壁に溶け込ませたりしており、物質の親和性を高める能力も事前に丁寧に描写されています。


カイゼルグリッドナイトの元ネタ

SSSS.DYNAZENON 第9話(Abema TV)より引用

 カイゼルグリッドナイトの元ネタは原作である「電光超人グリッドマン」に登場するキンググリッドマンおよびキンググリッドマンシグマです。

 カイゼルグリッドナイトはその体格でありながら非常にスピードが速い描写が目立ちます。
 これはキンググリッドマンがサンダーグリッドマンと比べてスピード重視の形態であるという原作を汲んでいると思われます。


オマージュ①(マイトガイン)

SSSS.DYNAZENON 第9話(Abema TV)より引用

 肩部にダイナミックキャノンを装備した外観が印象的なカイゼルグリッドナイト。

 これは原作のキンググリッドマンが、合体時にドラゴニックキャノンを装甲とせずそのまま武器として使う方式のオマージュです。

 ただしこの大型の大砲をマウントした形態が、ロボットアニメのマイトガインも思い出させもします。


オマージュ②(ゴルドラン)

SSSS.DYNAZENON 第9話(Abema TV)より引用

SSSS.DYNAZENON 第9話(Abema TV)より引用

 「勇者シリーズ」と言われるロボットアニメシリーズのオマージュも少なくないダイナゼノン。

 「ゴルドバーン」という語感、唐突に表れた金色のロボットから「黄金勇者ゴルドラン」を思い出す視聴者も多いでしょう。



本編記事

アニメ「SSSS.DYNAZENON(ダイナゼノン)」についてのページです。 適宜ネタバレも含みますのでご了承ください。 ...



参考資料