ゾイドの歴代のライガー(主人公機) 一覧と解説

アニメ「ゾイドワイルドZERO」に関する解説ページです。

ネタバレも含みますのでご了承ください。




はじめに

ゾイドワイルド ZERO 第44話「倒せ!!ゼログライジス!!」(あにてれ)より引用

ゾイドシリーズで主人公機を担う、歴代ライガーを見ていきます。



歴代のライガー一覧

シールドライガー

第1次ブームの機体であり、
初のアニメ化である第2次ブームの主人公機であるシールドライガー。

ゾイドでおなじみ「Eシールド」が象徴的な機体です。


ブレードライガー

アニメではシールドライガーが進化するかたちで誕生したブレードライガー。

2000年代、ゾイド第2次ブームを代表する機体の1つです。

すれ違いざまに敵を切り裂く、ブレードによる攻撃をゾイドで確立した機体でもあります。


ライガーゼロ

原点回帰したようなシンプルなデザイン・装備が逆に魅力のライガーゼロ。

シールドライガーとブレードライガーが進化前後であるのに対し、ライガーゼロは完全な別個体になります。

戦況に合わせて装甲や装備を付け替える「CAS(チェンジング・アーマー・システム)」に対応しているのが最大の特徴です。


ムラサメライガー

一本の日本刀のようなブレード、
状況に合わせて体を変化させるエヴォルトなど、

何かと突飛な設定が特徴のムラサメライガー。


ワイルドライガー

第3次ブームである「ゾイドワイルド」シリーズの最初の主人公機であるワイルドライガー。


ビーストライガー

ゾイドワイルドの第2期アニメである「ゾイドワイルドZERO」最初の主人公機。

外観こそワイルドライガーに似ていますが、別個体になります。


ライジングライガー

アニメではビーストライガーが進化することで生まれたライジングライガー。

通常装備の状態でブレードとライフルを装備しており、格闘戦と火器戦闘のバランスの良さが特徴かと思います。



おわりに

ゾイドワイルド ZERO 第16話「徹底研究!これがライジングライガーだ!」(あにてれ)より引用

いずれも「ライオン型」という立ち位置の歴代ライガーですが、

そもそも「ライガー」という言葉は実際の生物学では雄のライオンと雌のトラ(タイガー)の間の生まれた子供を指します。

ライガーは人工的に交配させられた種であり自然界では確認されておらず、ライガーはライオンではありません。

それでもゾイドの世界でライオン種のゾイドに「ライガー」の名がつくのは、おそらく語感がいいからでしょう。



参考資料

アニメ「ゾイドワイルドZERO」に関する解説ページです。 ネタバレも含みますのでご了承ください。 はじめに ...