レッツ&ゴーWGP 第21話 ライトニングドリフト完成「燃えろ藤吉!スピンコブラの逆襲」|爆走兄弟レッツ&ゴー!! WGP

「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」についてのページです。
適宜ネタバレも含みますのでご了承ください。



第21話「燃えろ藤吉!スピンコブラの逆襲」

アニメ 爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP 第二十一話「燃えろ藤吉!スピンコブラの逆襲」(ミニ四駆チャンネル【コロコロ×タミヤ公式】)(youtube)より引用

 アニメ「爆走兄弟レッツ&ゴー!! WGP」の第21話「燃えろ藤吉!スピンコブラの逆襲」。

 比較的活躍が少ない藤吉と、比較的地味な立ち回りが多いJの活躍回になります。

 そして少し物語を俯瞰で見ると、彦佐(ひこざ)がただただ優秀で素敵な大人であることがわかる第21話。

 また、感情の起伏が豊かなジャネットの可愛さが目立つ回でもあります。



各シーンの解説

優秀な執事である彦佐

アニメ 爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP 第二十一話「燃えろ藤吉!スピンコブラの逆襲」(ミニ四駆チャンネル【コロコロ×タミヤ公式】)(youtube)より引用

 彦佐のアドバイスを「素人」として耳を貸さない藤吉。
 これに対して「ではその素人に教えていただけませんでしょうか」と藤吉の性格を踏まえた見事な誘導。

 彦佐のアドバイスが端的には「初心にかえり基本をおろそかにしない」ということである点が、子供と(藤吉)と大人(彦佐)の人生経験の差を物語っています。


オーディンズの作戦

アニメ 爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP 第二十一話「燃えろ藤吉!スピンコブラの逆襲」(ミニ四駆チャンネル【コロコロ×タミヤ公式】)(youtube)より引用

 自チームの高速マシンを先に、残りの3台でビクトリーズの高速マシンをマークするオーディンズ。

 コーナリングマシンとはいえリーダーでありアストロレンジャーズ戦やアイゼンヴォルフ戦で活躍した烈。

 オーディンズが藤吉と烈ではなく藤吉とJをノーマークにしたのは妥当と言えば妥当です。


積極的なJ

 いくら高速コースと言っても、彼らは僕達のマシンを甘く見過ぎてるよ。

アニメ 爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP 第二十一話「燃えろ藤吉!スピンコブラの逆襲」(ミニ四駆チャンネル【コロコロ×タミヤ公式】)(youtube)より引用

 普段は穏やかなですが、さすがに闘志を見せるJ。


ライトニングドリフト完成

アニメ 爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP 第二十一話「燃えろ藤吉!スピンコブラの逆襲」(ミニ四駆チャンネル【コロコロ×タミヤ公式】)(youtube)より引用

 ライトニングドリフトが完成し高速コーナーでありながらもトップを奪うスピンコブラ。

 その印象が強すぎJを警戒していなかったオーディンズの2台。

 充分スリップストリームで温存してたプロトセイバーがギリギリのところでホワイトナイトを抜きます。

 ジャネットとJは中の人が同じで、メタ的には一人芝居のゴール直前。

 ビクトリーズが1位と3位を取りポイント合計で勝利。

 これにてビクトリーズの戦績は

  • 勝(アイゼンヴォルフ戦)第3話
  • 負(シルバーフォックス戦)第4話
  • 勝(アストロレンジャーズ戦)第6話
  • 勝(ブーメランズ戦)第7話
  • 勝(オーディンズ戦)第8話
  • 負(アストロレンジャーズ戦)第11話
  • 負(シルバーフォックス戦)第12話
  • 負(サバンナソルジャーズ戦)第13話
  • 勝(ゴンキ戦)第15話
  • 勝(ブーメランズ戦)第17話
  • 勝(オーディンズ戦)第21話


となり通算7勝4敗となります。



前後のあらすじ

「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」についてのページです。 適宜ネタバレも含みますのでご了承ください。 第20話「リズムに乗って...
「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」についてのページです。 適宜ネタバレも含みますのでご了承ください。 第22話「決めるぜ、日本...



補足記事

「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」についてのページです。 適宜ネタバレも含みますのでご了承ください。 爆走兄弟レッツ&ゴー...



参考資料

テキストのコピーはできません。