エクセルのVBAとは? マクロとは?

Excel(エクセル)は表計算ソフトですね。

エクセルにはエクセル上で使えるプログラミング機能があります。
それはエクセルのVBAです。

VBAはそのまま「ブイビーエー」と読みます。

VBAはエクセル上で使えるプログラミングのことです。
エクセルが入っているパソコンなら誰でも使うことができます。


VBA


Excel(エクセル)は表計算ソフトですね。
もっと言うとエクセルは表計算によって作業を効率化するためのソフトです。

作業を効率化するためには状況に合ったいろいろな動作を自動化するのが有効です。
動作を自動化するためには、プログラミングをすると楽です。
そのためエクセルにはプログラミング機能が付いています。

普通、何かプログラミングをするためにはプログラミング用のソフトが必要です。

しかしエクセルのVBAはエクセルがあればできます。
エクセルのVBAはプログラミング初心者が気軽にプログラミングをやるためにも便利です。


マクロとは


エクセルやVBAに関連した用語でマクロという単語があります。
マクロとはなんでしょう?

先ほど書いた通り、作業を効率化するには特定の作業を自動化したほうがいいです。

例えば毎日仕事で使っているエクセルの表があって、仕事始めに記入欄を空欄にしてからその日の業務を入力していく。
次の日はそのフォーマットをまた空欄にして・・・

この場合、「表を一旦空欄にする」という作業は自動化できますね。

エクセルは使い手の動作を記憶して、ボタン一つで再生することができます。
これがマクロです。

マクロは特定の作業を記録して再生するエクセルの機能です。


マクロとVBA


マクロが動いている仕組みは、VBAです。
つまりマクロは自動でエクセルがプログラミングをしているのです。

マクロが自動でプログラミングをしているのに対し、
エクセルVBAはそれを使い手が直接プログラミングします。

マクロはあくまで自動でプログラミングをしているので、細かなところは融通がききません。
VBAを直接いじると、もっと自由にエクセルの作業を自動化できます。

マクロの難しい版がVBAといった感じです。


まとめ


「プログラミング」と聞くと、なんだか「難しそう」といった印象を持つ人も多いでしょう。

しかしながら、エクセルVBAはエクセルがあればできますし、参考資料もネット上にいっぱいあるので比較的はじめやすいプログラミングです。

しかも普段使うエクセルなので、少しでも覚えると作業がいろいろはかどります。

みなさんも、少しかじってみてはいかがでしょうか?