炎炎ノ消防隊 死亡キャラ一覧と解説|アニメのシーンの振り返り

アニメ「炎炎ノ消防隊」の解説です。

ネタバレを含みますのでご了承ください。




炎炎ノ消防隊の死亡キャラ

炎炎ノ消防隊 弐ノ章 第弐話 狂気の炎(GYAO!)より引用

主要なキャラや能力がキャラ立ちしたキャラでも死亡してしまうのが、炎炎ノ消防隊の作者である大久保氏の作風の1つかと思います。

炎炎ノ消防隊の主な死亡キャラを挙げていきます。



死亡キャラ一覧と解説

烈火星宮(レッカ・ホシミヤ)

炎炎ノ消防隊 第七話 「第1調査開始」(GYAO!)より引用

炎炎ノ消防隊 第九話 「燃え拡がる悪意」(GYAO!)より引用

炎炎ノ消防隊 第九話 「燃え拡がる悪意」(GYAO!)より引用

第1の中隊長でしたがその正体は伝導者一派であった烈火。

シンラとの交戦後、加勢に来たカリムに氷で身動きを取れなくされます。

その後に口封じとしてアローの炎の矢に胸を貫かれ死亡します。

「セイッ(星)」「カッチャ」など名前や炎にまつわる独特の掛け声と、情熱に振り切った思考というデフォルメされた性格が、大久保氏らしいキャラクターだなと思います。

そのため早期退場は悔やまれますが、

灰島編でナタクのトラウマとしてその言動を再び見ることはできます。


ハラン

炎炎ノ消防隊 第拾参話 「仕組まれた罠」(GYAO!)より引用

炎炎ノ消防隊 第拾四話 「誰が為の炎」(GYAO!)より引用

蟲を取り込み鬼の焔ビトになった後、紅丸により鎮魂されます。

その他大勢寄りのパッとしないキャラですが、自ら蟲を取り込み焔ビトになるシーンは非常に印象的です。

伝導者一派の狂信的な言動を象徴しています。


聖陽の影の隊長

炎炎ノ消防隊 弐ノ章 第拾弐話 神光が生む影(GYAO!)より引用

炎炎ノ消防隊 弐ノ章 第拾弐話 神光が生む影(GYAO!)より引用

炎炎ノ消防隊 弐ノ章 第拾弐話 神光が生む影(GYAO!)より引用

ジョーカーが過去に所属していた、聖陽教の暗殺部隊「聖陽の影」。

その隊長はジョーカーにより葬られます。

「個」ではなく「集」を重んじ、ジョーカーの個を否定し幼少期からいたぶっていた隊長。

戦闘にてジョーカーに八つ裂きにされ、

「集」を重んじながらも最後はバラバラの「個」になるという皮肉の効いた最後を迎えます。


亜門弾木(アモン・ハジキ)

炎炎ノ消防隊 弐ノ章 第弐拾話 破壊兵器(GYAO!)より引用

炎炎ノ消防隊 弐ノ章 第弐拾話 破壊兵器(GYAO!)より引用

炎炎ノ消防隊 弐ノ章 第弐拾話 破壊兵器(GYAO!)より引用

第2の小隊長であるハジキ。
入隊時には最優秀新人隊員にも選ばれる優秀な消防官でした。

ネザーでの調査にてオロチの炎の鞭に顔を切られ死亡します。

ジャガーノート達後輩の面倒見がよかったハジキ。

人の良さと優秀さを持ちながら、わずか1話程度で退場するスピード感で死亡キャラの中でもかなり印象深いキャラです。


蒼一郎アーグ(ソウイチロウ・アーグ)

炎炎ノ消防隊 弐ノ章 第弐話 狂気の炎(GYAO!)より引用

炎炎ノ消防隊 弐ノ章 第弐話 狂気の炎(GYAO!)より引用

炎炎ノ消防隊 弐ノ章 第弐拾四話 激動の兆し(GYAO!)より引用

第4の大隊長であり、第6中隊長アサコの祖父である蒼一郎アーグ。

アドラリンクをした人物として伝導者一派に目をつけられ、屠リ人のゴールドによって暗殺されます。

アドラリンクして以来、アドラバーストの炎に焼かれたいドMな気質になってしまったアーグ。

ドMに沿って死因が(事実隠蔽のため)自殺にされたというくだりが実に作者らしいブラックジョークです。

一般消防官から、特殊消防隊の大隊長に上り詰めたアーグ。ロープを巧みに使うスタイルも印象的で、もっと戦闘を見たかったです。



おわりに

「【公式】TVアニメ『炎炎ノ消防隊』第壱話 「森羅 日下部、入隊」見逃し配信!」キッズボンボン(YouTube)より引用

炎炎ノ消防隊には焔ビトとなり命を失った人々が数多く存在しますが、とりあえず今回はアニメを基準に主要キャラおよび印象的なキャラを挙げています。



参考資料